×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

巻き爪ブロックで、自分で巻爪治療

簡単になった巻き爪治療

巻き爪治療は自分で巻き爪治療は自分で
これまでの巻き爪治療といえば、病院に行って痛みを伴う手術が主流でした。
他にも近年ワイヤーを使う方法も一部で行われています。
この方法は、海外で考案された方法ですが、

 

その方法を画期的に発展させたのが、ここにご紹介する巻づ爪ブロックです。
要領は、一部医療機関で行われているものと同じようなことが、
これを使うとあなたが一人で短時間に出来ることです。

 

もちろん完治するには多少の時間がかかります。
その期間に多少のめんどくさ差がないわけではありません。

 

しかし、いちいち病院に出かけて、待つような時間が取れますか?
あるいは、それだけの費用をかけるのが惜しくなりせんか?

従来の巻き爪手術による治療方法

足の両親指の場合、手術は局所麻酔で、20〜30分くらいで終わります。

 

もちろん、麻酔しますので手術中は全然痛くないですが、術後の麻酔が切れた後は、やはりズキズキして痛いものです。

 

それでも、痛み止めの薬を飲みますし、3日もすれば痛みは治まってきます。
入院中は、最初の2〜3日は車イスで、その後は松葉杖を使っての生活になるでしょうか。

 

2週間弱ほどで退院しました。
その頃には普通に歩けますが、親指ですので靴が履けない為、一時期はサンダル生活が必要でしょう。
術後のキズも殆ど残ってませんし、手術から10年以上再発していないという人も・・・。

 

もちろん、こういう人は毎日パンプスでも履けますし、全然痛くないはずです。

 

↓ ↓ ↓ 手術が嫌な人、自分で簡単に治そうという人は ↓ ↓ ↓

手術が嫌な人は巻き爪ブロック手術が嫌な人は巻き爪ブロック

巻き爪の病院での治療方法

これまで巻き爪といえば、手術も止むを得ませんでした。
でも手術と聞くと、いくら大人といえどもちょっと痛みがあるのか不安が生じて、ちょっと怖い気がします。

 

しかし、医学やそれを支える素材や工法などの技術も着実に進歩している為、それを複合的に生かすことができる今日では、昔と比べて巻き爪の手術も、患者にとって肉体的な負担が格段に減っているようです。

 

最近は、フェノール法やVHO法などと呼ばれる手術が主流となってきているようですが、従来のやり方と比べてどう違うのでしょうか。

 

フェノール法と呼ばれる巻き爪の手術では、特殊な器具を必要としないようです。
この方法で必要なものは、フェノールと呼ばれる消毒液と、綿棒、ツメを切るためのハサミだけです。

 

VHO法では、専用のスチール鋼を爪の大きさに合わせて切り、爪の湾曲状態に合わせてワイヤーを湾曲させています。
それを爪の左右に引っ掛け、専用のフックを用いて巻き上げ、固定するという方法です。
そして、余分なワイヤーをカットした後、人工爪でワイヤーの固定部分をカバーします。

 

↓ ↓ ↓ 病院に行く時間がない人、自分で簡単に治そうという人は ↓ ↓ ↓

病院に行く時間がない人は巻き爪ブロック病院に行く時間がない人は巻き爪ブロック

巻き爪治療のリンクサイト

巻き爪ブロック巻き爪ブロック

 

巻き爪治療
巻き爪の治療法には新たに自分で行える方法が出てきました。
素材の革新と発想の転換で、誰でも手術なしで巻き爪を治すことができるようになりました。

 

巻き爪治療グッズ
巻き爪専用補装具とヤスリ、ニッパをご紹介しています。
既に、今日では、巻き爪治療はかなりの人が自分で治療をすることが増えているようです。

 

巻き爪ブロック
自分で出来る巻き爪治療専用用具「巻き爪ブロック」をご紹介します。この製品に対する評価は、扱いやすさやコストパフォーマンスなどメリットも多いようです。